転職しやすい時期とは

転職しやすい時期とはいつでしょうか。

求人数が多く、応募者が少ない時期が転職しやすい持期となります。


まず、求人が多くなる時期は、「1月~3月」と「7月~10月」です。

「1月~3月」に求人が多いのは、決算を前に事業計画、それに伴う人材計画の見直しを図ったり、予算を消化したいという考えや4月以降は新卒採用に忙しくなるのでその前に中途採用をしておきたいと考える企業が多いからです。この時期の求人は、人物重視の採用になる傾向があります。


「7月~10月」に求人が多いのは、6月にボーナスをもらってから辞める人が多いというのが1つにあります。
引き継ぎ等をふまえると実際に退職するのは、7月~8月が多くなり、欠員が多く出ます。


8月は夏季休暇(お盆)の関係で採用活動が滞り、9月や10月まで採用活動を継続している企業も多いです。


また他の理由に、9月末に中間決済を終え、業績が良かった会社は、9月~10月にかけて、人材を募集をすることがあるからです。

本物の宮城の転職についてわかりやすく説明しています。

この時期の求人は、欠員募集であることが多いため、即戦力重視の採用になる傾向があります。

Girls Channelの最新情報を掲載しました。

次に応募者が少ない時期は、「7月~8月」と「12月~1月」です。

この時期に応募者が少ないのは、夏季休暇や年末年始休暇という長期休暇があるため、選考開始から結果が出るまでに時間がかかるという理由が考えられます。



以上のことから求人数が多く、募集者が少ない時期は「7月~8月」と「1月」になります。特に「7月~8月」は、人物重視の採用の傾向があるため、未経験職種に挑戦したい場合や経験が浅い場合には、転職がしやすい時期といえます。